出版物

新刊書籍のご案内

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。

最新IFRS保険契約―理論と仕組みを徹底分析

出版

株式会社保険毎日新聞社

編者

有限責任監査法人トーマツ 金融インダストリーグループ

価格

本体3,700円+税

出版

2018年7月刊

ISBN

978-4-8929-32960

本書は、IFRS第17号の適用に取り組む実務家を対象に、IFRS第17号の理解を深めることを目的として、各条文の内容について詳細に解説しています。IFRS第17号は難解な基準書であり、その適用のためには基準書に分散している各要求事項の関係を把握することが必要となります。本書では、その各要求事項の直感的な理解のために、必要な章には平易な数値例を設け、仕訳を併せて記載しつつ、会計に馴染みのない読者も想定して、表形式による解説も併記しています。読者の便宜のため、各章の解説には根拠となるIFRS第17号の条文番号を示しています。また、2018年2月より開催されている移行リソース・グループでの議論についても可能な限り紙面を割いて紹介し、最新の情報を反映しています。

続きはこちらから

「企業文化」の監査プログラム より良い企業文化が不正抑止環境をつくる

出版

同文館出版

編者

稲垣浩二

価格

本体2,300円+税

出版

2018年5月

ISBN

978-4-4952-0731

本書は、日本企業の不正会計の根絶を目指し日々精力的に活動されている企業ガバナンス(統治)と企業経営に携わる方々、そして高品質の財務諸表を提供する責任を有する財務報告サプライチェーンの関与者である経営者、取締役、監査役、内部監査人、外部監査人に向けて書いたものです。

続きはこちらから

決算期統一・決算早期化プロジェクトの進め方

出版

中央経済社

著者

有限責任監査法人トーマツ

価格

本体2,400円+税

出版

2018年4月

ISBN

978-4-5022-4921-1

本書では、日本の事業会社がグループの決算期統一(決算期変更)および決算早期化に取り組む上で、最低限知っておくべき基礎知識と、実際に決算期統一や決算早期化の行う際のポイント、そして、海外子会社までも対象とした決算期統一・決算早期化プロジェクトの進め方についてコンパクトに解説しています。

続きはこちらから

地方独立行政法人制度改革と今後の展開

出版

第一法規株式会社

著者

有限責任監査法人トーマツ パブリックセクター・ヘルスケア事業部ᅠ編

価格

本体2,500円+税

出版

2018年2月

ISBN

978-4-474-05910-8

本書は、地方独立行政法人制度の紹介、地方独立行政法人での経営改革への取り組み状況等の紹介、地方独立行政法人法改正の解説やその背景にある考え方などを、読者の皆様がわかりやすく、かつ一歩踏み込んで理解できる基本書として編集しています。

続きはこちらから

会社法計算書類作成ハンドブック(第12版)

出版

中央経済社

編者

有限責任監査法人トーマツ

価格

本体7,000円+税

出版

2018年3月

ISBN

978-4-502-25541-0

本書では、制度の概要や記載上の留意事項、(一般社団法人)日本経済団体連合会の「会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型」の記載例と記載上の注意等、実務に携わる方々にとって有用となるポイントを解説するとともに、実際の記載事例を多数紹介しています。また、計算書類等だけでなく、会社法の下で、株主総会の開催に際して必要とされる書類全般についても取り上げています。

続きはこちらから

法律家のための企業会計と法の基礎知識

出版

青林書院

著者

市川育義他

価格

本体3,500円+税

出版

2018年2月

ISBN

978-4-4170-1732-5

本書は、法律実務家の方々に最低限知っておいていただきたい企業会計と関係する法的論点を解説したものですが、会社法や金融商品取引法などの解説部分は専門領域でない会計実務家にとっても有用と思います。是非ご一読ください。

続きはこちらから

実践CFO経営

出版

日本能率協会マネジメントセンター

 

著者

デロイト トーマツ グループᅠ編

 

価格

本体4,200円+税

 

出版

2018年3月

 

ISBN

978-4-8207-2645-6

かつてないほどに不確実性が高まっている中で、自社の将来を左右する重要な経営課題に対し、CFOはCEOや事業部門長とは違う角度から考え、事業運営のアクセル役とブレーキ役を果たさなければなりません。

また、テクノロジーの進化により、相当程度の業務がAIにとって代わられるという報告もあり、経理財務部門の仕事のあり方そのものの見直しを迫られています。

本書は、そのような環境変化に伴うCFOや経理財務部門の役割の重要性の高まりを踏まえて、CFOやCFOを支える経理・財務部門、経営企画担当者を対象に、『普遍的に果たすべき役割とは何か』『知っておくべきトレンドは何か』『今後を考える際のポイントは何か』といった観点を踏まえ、経営戦略を推進する経理財務部門における変革の道筋をまとめています。

続きはこちらから

Q&A学校法人の新会計実務 第4次改訂版

出版

第一法規

編者

有限責任監査法人トーマツ

価格

本体4,300円+税

出版

2018年2月

ISBN

978-4-4740-5981-6

本書は学校法人会計の仕組みを分かりすく解説した総合的な入門書として、かつ重要な論点を網羅し実務上の疑問点を的確に回答する実務書として平成17年に刊行されました。その後、学校法人会計基準の改正等に対応した3回に亘る改訂を経て、この度第4次改訂版として刊行されたのが本書となります。

続きはこちらから

お役に立ちましたか?