出版物

新地方公会計制度の徹底解説 連結財務書類作成実務のポイント

関連コンテンツ

自治体では、住民に対する行財政運営の透明性確保と行財政改革を目的として、連結ベースの財務諸表を早期に作成・公表し、これらを活用する「地方公会計改革」が急ピッチで進められています。

しかしながら、自治体の連結財務諸表は、地方公営企業会計基準に基づき決算書が作成される水道・病院などの会計、土地開発公社経理基準要綱に基づく土地開発公社、公益法人会計基準に基づく財団法人・社団法人、会社計算規則に基づく株式会社、社会福祉法人会計基準に基づく社会福祉法人など、会計基準の異なる会計・団体・法人が含まれますので、民間企業以上に作成作業が困難と言われています。 

そこで本書では、総務省から出された「連結財務書類作成実務手引」に準拠した連結財務諸表の作成方法を解説するとともに、順を追って連結財務諸表の完成を目指す数値例を盛り込むことによって、実務経験の少ない自治体職員及び自治体を支援する公認会計士などの実務に役立つ内容になっています。

また、「連結財務書類作成実務手引:総務省方式改訂モデル編」では紹介されていない「後期高齢者医療事業会計」等も掲載していますので、ぜひ実務マニュアル書としてご活用ください。

 

書名

新地方公会計制度の徹底解説 連結財務書類作成実務のポイント

出版

ぎょうせい

監修

有限責任監査法人トーマツ 森田 祐司

編者

有限責任監査法人トーマツ パブリック・インダストリーグループ

価格

本体3,429円+税

出版

2010年2月

ISBN

978-4-324-08914-9

お役に立ちましたか?