出版物

新地方公会計制度の徹底解説~「総務省方式改訂モデル」作成・活用のポイント~

関連コンテンツ

本書は、自治体に発生主義や複式簿記の考え方を本格的に導入していくために、平成19年10月17日に総務省より公表された「新地方公会計制度実務研究会報告書」の第3部「総務省方式改訂モデルに基づく財務書類作成要領」に則って、各自治体が連結ベースの財務諸表を作成・分析することを念頭に置いて解説したものです。具体的な作成方法だけでなく、自治体における公会計制度改革の意義や効果、実例を交えた財務諸表の分析方法まで、幅広く解説しています。そして第5部には、監査法人トーマツが独自に開発した「財務諸表チェックリスト」を掲載し、各自治体が財務諸表公表前に自らチェックできるようにしています。
本書を財務諸表の作成や分析実務を通じた各自治体の行財政改革の一助として活用していただくのはもちろん、財務諸表を読む首長や議員の方々にも手にとっていただきたいと考えています。

目次
第1部 新地方公会計制度の概要とその意義・効果
第2部 普通会計財務書類の作り方
第3部 連結財務書類の作り方
第4部 貸借対照表や行政コスト計算書等を活用した分析
第5部 新地方公会計制度の発展に向けて

 

書名

新地方公会計制度の徹底解説 ~「総務省方式改訂モデル」作成・活用のポイント~

出版

ぎょうせい

監修

森田 祐司

編者

有限責任監査法人トーマツ パブリックセクターグループ

価格

本体3,429円+税

出版

2008年3月

ISBN

978-4-324-08383-3

お役に立ちましたか?