出版物

もう「知らない」ではすまされない 社会福祉法人の不正防止・内部統制・監査

関連コンテンツ

近年、社会福祉法人の不正事例が多発していますが、対策として出納手続等の部分的対症療法的な対応がとられているに過ぎず、抜本的な対策として内部統制を導入することが喫緊の課題であると考えられます。ところが社会福祉法人においては不正を防止し業務運営に不可欠な内部統制についてその定義や概念すら受け入れられていないのが実情です。このため、初の社会福祉法人向けの内部統制の理解と実務の浸透を図るための解説書として本書の出版を企画しました。企画にあたっては、そもそも社会福祉法人のガバナンスの法的な位置づけ・責任関係がどのようになっているのかの分析を丁寧に行い、それに基づき社会福祉法人の内部統制がどうあるべきかを明らかにすること、その上でどのように実践するのかを具体的に例示することを目指すものとしました。

本書の構成は、過去10年間の不正事例データの収集・分析結果の解説から説き起こし、内部統制について【理論編】として法的な位置付けやガバナンスとの関係も含めた理論的解説を行った後、【実践編】としてすぐに取り入れられる内部統制の手続を例示しています。また、内部統制の有効性を確かめると同時に向上させるために欠かせない監査について、【理論編】として社会福祉法人の種々の監査制度の特殊性を分析しそれぞれの位置づけと相互関係を明確にするとともに、【実践編】として実施上のポイントを列記しました。さらに不祥事が発生した場合の不正調査の概要・内部通報制度・苦情受付制度についても実施上の留意事項をまとめました。社会福祉法人の理事長・理事・監事・事務長・会計担当者、公認会計士、所轄庁担当者の皆様にご活用いただければ幸いです。

 

書名

もう「知らない」ではすまされない 社会福祉法人の不正防止・内部統制・監査

出版

清文社

著者

島田 牧子 他

価格

本体3,000円+税

出版

2014年3月

ISBN

978-4-4335-4953-4

お役に立ちましたか?