出版物

Q&A 業種別会計実務・2 商社

関連コンテンツ

総合商社は、世界中でビジネスを展開していることから利害関係者も多く、また入札等の事業目的上の理由もあり、その連結財務諸表は1970年代よりグローバル・スタンダードであった米国会計基準に基づき作成され、株主・投資家や取引先に配付されるとともに、社内経営管理にも用いられてきました。

近年は、国際財務報告基準(IFRS)がグローバル・スタンダードとしての地位を確立してきたことから、米国会計基準に代わってIFRS を採用する動きも高まっております。

本書は、このような商社のビジネスの概要から会計上の論点、さらには財務諸表の分析に至るまでを取り上げています。会計上の論点については、商社特有の事象に関する日本基準、米国基準及びIFRS の取扱いについても触れています。

【目次】
第1章 商社とは
第2章 会計の特徴
第3章 損益計算書からみた商社の会計
第4章 貸借対照表からみた商社の会計
第5章 商社に特有の個別論点
第6章 財務諸表の分析

 

書名

Q&A 業種別会計実務・2 商社

出版

中央経済社

著者

トーマツ 商社インダストリーグループ

価格

本体3,000円+税

出版

2013年3月

ISBN

978-4502473500

 

お役に立ちましたか?

関連トピック