出版物

銀行員のためのM&A入門

関連コンテンツ

投資銀行でM&Aに従事されている方であれば、M&Aは身近に起こる出来事として捉えられるかもしれませんが、一般の銀行員の皆様にとっては、顧客からの相談を受ける機会はあっても具体的にM&Aに関する助言をどのように行ったらよいかイメージできないことも少なくないかもしれません。本書は、M&Aの基本的なプロセスから、バイサイド、セルサイドのそれぞれの視点で銀行員という立場でM&Aにどのようにかかわっていけばよいかを平易に説明した本です。これまでM&Aのプロセスについてはバイサイドを中心に説明された本が多い中、銀行員の立場からは売り手、買い手の双方にかかわる可能性があるということで本書はあえて売り買い双方の立場から説明を行っています。また、読者がなるべく具体的なポイントを理解しやすいよう業績不振型、業績拡大型、事業承継型の3類型のM&A事例の解説を掲載しています。本書が銀行員の皆様にとって顧客ソリューション機能の強化のための一助になれば幸いです。

〈目次〉
序章 金融機関の営業戦略とM&Aビジネス
第1章 M&Aライフサイクル
第2章 バイサイドM&A~買い手におけるM&Aのプロセス
第3章 セルサイドM&A~売り手におけるM&Aのプロセス
第4章 9つの事例でみるM&A

書名

銀行員のためのM&A入門

出版

銀行研修社

著者

デロイトトーマツFAS株式会社

価格

本体2,667円+税

出版

2009年5月

ISBN

978-4-765-74282-5

お役に立ちましたか?

関連トピック