出版物

ここが知りたい 米国紛争鉱物規制 サプライヤー企業のための対策ガイド

関連コンテンツ

本書は、米国ドッドフランク法1502条に基づき導入された紛争鉱物規制への対応ための解説書です。この規制は、米国上場企業が対象となりますが、米国上場企業を最終的な顧客とするサプライチェーン上の企業のすべてが影響を受けます。

具体的な規制の内容は、コンゴ民主共和国又はその周辺国で産出される4種類の鉱物又はその製錬後の金属を製品に使用している米国上場企業は、外部監査済みの紛争鉱物報告書をSEC に提出しなければならないというものです。

これらの金属は、携帯電話やPC など、多くの電子機器や機械類に使用されており、その製造・販売に関わるサプライヤー企業の数は世界中に数多くあります。特に、日本の製造業への影響は大きいと考えられます。

今年の1月からこの規制が適用されます。このため米国上場企業からサプライヤー企業向けの調査活動が今年の後半から本格化します。その直前のタイムリーな出版となりました。

【目次】
第1章コンゴ紛争と人権への取り組み
第2章米国の紛争鉱物規制
第3章OECD 紛争鉱物ガイダンスとデューディリジェンス
第4章サプライヤー企業のための紛争鉱物対応の手順
第5章紛争フリー製錬所プログラムと認定監査
第6章EICC/GeSI 調査票の使い方と記入方法
第7章グローバル企業の紛争鉱物対応の実際
第8章紛争鉱物規制、今後の動向と対策

書名

ここが知りたい 米国紛争鉱物規制 サプライヤー企業のための対策ガイド

出版

日刊工業新聞社

編者

デロイト トーマツ 紛争鉱物対応チーム

価格

本体2,000円+税

出版

2013年6月

ISBN

978-4-526-07094-5

お役に立ちましたか?