出版物

トーマツ会計セレクション(4) 固定資産会計

関連コンテンツ

本書は、有形固定資産に関する日本の会計基準および実務上の重要論点を解説するとともに、税務や国際財務報告基準(IFRS)における取り扱いについてもその概要を記載しています。

まず最初の章で、有形固定資産会計の全般について幅広く解説しています。日本の有形固定資産会計は税務の影響を大きく受けているため、税務上の取り扱いにも多くの紙面を割いて解説しています。その後の章では、減損会計、資産除去債務、賃貸等不動産のように日本基準でも個別の会計基準が公表されているものについて、日本基準を中心に、税務やIFRS の取り扱いについて解説しています。

実務上重要となる項目については多少難解となっても、より詳細な説明を加えています。これにより、経理担当者の方々の実務に役立つ一冊となれれば幸いです。

また、本書は『トーマツ会計セレクション』のシリーズとして出版されるうちの「固定資産会計」として、発行するものです。設例や図表を使いながらわかりやすく解説しており、経理実務を担当されている方に最適な本ですが、有形固定資産に関係する経営管理者やIFRS 導入プロジェクト担当の方までの幅広い層の方々にもお勧めします。

 

書名

トーマツ会計セレクション(4) 固定資産会計

出版

清文社

編者

有限責任監査法人トーマツ

価格

本体2,600円+税

出版

2011年5月

ISBN

978-4-433-57631-8

 

~清文社より
2011/5/24
『トーマツ会計セレクション(4) 固定資産会計』正誤のお知らせ
標記図書「トーマツ会計セレクション(4) 固定資産会計」につきまして、誤った記述がありましたので、お詫びして訂正させていただきます。
●「トーマツ会計セレクション(4) 固定資産会計」正誤表
 PDFのダウンロードはこちらからURL

お役に立ちましたか?

関連トピック