出版物

平成25年1月施行の実務に対応!税務調査のすべてQ&A

関連コンテンツ

本書は、税理士や企業の税務担当者の皆様が実際に税務調査対応をする際に役立つ、税務調査に関する手続きや法律に関する知識を、網羅的に解説したものです。著者3名はいずれも国税調査官として長年税務調査に従事した経験を有しています。トーマツ入社後はクライアントを支援する立場から税務調査に対処しています。国税と納税者の双方の視点を理解できる立場にいる著者として、客観的に税務調査をとらえている点が本書の大きな特色であるといえるでしょう。

税務調査は改正通則法が施行される平成25年1月1日以降大きく変わり、総じて納税者の権利を保護する方向に手続きが厳格化されます。納税者は、改正の具体的な内容をよく理解したうえで実際の税務調査に利用することにより、改正の利点を有効活用することができます。

新たな調査手続きに関する解説本はほかにも出版されていますが、本書は、改正法の解説は一部です。主として、調査開始から終了、不服申立、訴訟に至る調査対応に関するすべての局面で必要とされる知識のほか、調査対応実務上よく起きる問題点や疑問点について、Q&A 方式で解説していますので、税務調査の初心者の方でも調査対応のベテランの方でも、有効に活用していただけるものと思います。

書名

平成25年1月施行の実務に対応!税務調査のすべてQ&A

 

出版

清文社

 

編者

小林正彦、有安寛次、飯塚信吾

 

価格

本体3,000円+税

 

出版

2013年1月

 

ISBN

978-4-433-53752-4

 

 

お役に立ちましたか?

関連トピック