ナレッジ

リスクマネジメント、これまでの10年

季刊誌「企業リスク」(第40号2013年7月号)特集

過去10年間に起きた代表的なリスク顕在化事象(事件、企業不祥事、自然災害等)と企業における対応、関連する方規制に概観する。本稿執筆時点(2013年5月)の10年前は2003年5月となるが、説明の便宜上、米国企業改革法が制定された2002年7月を起点として以降に生じたリスク顕在化事象、企業における対応、関連法規制などについて、米国等の海外状況を適宜織り込みつつ解説していくこととする。

リスクマネジメント、これまでの10年

1.リスク顕在化事象と関連法規制の振り返り

2002年7月以降生じた代表的なリスク顕在化事象、それらに対する形で制定された法規制について、図表1に取り纏めているので、そちらをご覧頂きたい。リスクマネジメントを振り返るに当たり、過去10年間に生じたリスク顕在化事象を分類する。Deloitteのリスクインテリジェンスマップに従えば、企業を取り巻くリスクは大きく5つに分けることが出来る。

 

・・・続きは左の『資料ダウンロード』よりご覧ください。

( PDF 1.2MB)

季刊誌「企業リスク」のご案内

デロイト トーマツ 企業リスク研究所では、企業を取り巻く様々なビジネスリスクへ適切に対処するための研究活動を行っています。
季刊誌「企業リスク」は、毎号、各種リスクに関する実務経験を備えた専門家の知見をお届けします。

攻め・守りの双方向から、企業が経営を適切に推進するための最新情報が詰まった一冊です。
貴社のガバナンス体制構築に、ぜひお役立てください。

 

>>季刊誌「企業リスク」の詳細はこちら

お役に立ちましたか?