ナレッジ

ビッグデータとは

季刊誌「企業リスク」(第40号2013年7月号)「企業リスクの言葉」

IT技術の進歩により、これまで対象とならなかった多種多様な形式の大量のデータを測定、分析し、経営に活かすことが注目を集めている。(季刊誌「企業リスク」第40号2013年7月号)

企業リスクの言葉 「ビッグデータ」とは

ビッグデータの明確な定義は存在していないが、言葉通りの意味で解釈すれば、大容量のデータである。
従来、企業が行うデータ分析の対象は主に、企業内に存在している販売データや在庫データ等のデータベースに保存されるデータであった。
IT技術の進歩により、これまで対象とならなかった多種多様な形式の大量のデータを測定、分析し、経営に活かすことが注目を集めている。

2012年3月30日の日本経済新聞では、ビッグデータ活用の取り組みとして米国政府が2 億ドル以上を投資することを発表したと報じている。

・・・続きは『資料ダウンロード』

(1.2MB,PDF)

季刊誌「企業リスク」のご案内

トーマツ企業リスク研究所では、企業を取り巻く様々なビジネスリスクへ適切に対処するための研究活動を行っています。
季刊誌「企業リスク」は、毎号、各種リスクに関する実務経験を備えた専門家の知見をお届けします。

攻め・守りの双方向から、企業が経営を適切に推進するための最新情報が詰まった一冊です。
貴社のガバナンス体制構築に、ぜひお役立てください。

 

>>季刊誌「企業リスク」の詳細はこちら

お役に立ちましたか?