ナレッジ

サイバー攻撃について考える

季刊誌「企業リスク」(第43号2014年4月号)「連載」

リスクトピックをわかりやすく解説する「企業リスクの現場」第4回~サイバー攻撃について考える。(季刊誌「企業リスク」第43号2014年4月号)

サイバー攻撃について考える

〜ある日の社長室〜

最近は、「サイバー攻撃」や「機密情報の漏洩」といったキーワードを紙面でよく目にする。ITに関係しそうだということは何となくわかるが、ITのことはトンとわからないのが正直なところだ。

我が社は、新商品に関する情報は当然のことながら、機能性食品に関する研究成果や特許情報等も保有しているから、万が一にでもこれらの情報が漏洩すると、競合他社に対する優位性を失いかねない。これまでITのことはほとんど木原部長にお任せだったが、我が社の状況については、一度私も把握しておく必要がありそうだ。

ちょうど今日は李須久先生がお越しになるから、先生にもご同席を願って、木原部長に説明をしてもらうことにしよう。

 

・・・続きは『資料ダウンロード』

(2.3MB,PDF)

季刊誌「企業リスク」のご案内

トーマツ企業リスク研究所では、企業を取り巻く様々なビジネスリスクへ適切に対処するための研究活動を行っています。
季刊誌「企業リスク」は、毎号、各種リスクに関する実務経験を備えた専門家の知見をお届けします。

攻め・守りの双方向から、企業が経営を適切に推進するための最新情報が詰まった一冊です。
貴社のガバナンス体制構築に、ぜひお役立てください。

 

>>季刊誌「企業リスク」の詳細はこちら

サイバー・情報セキュリティについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバー・情報セキュリティTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

お役に立ちましたか?