ナレッジ

グローバルグループガバナンスについて考える(前半)

季刊誌「企業リスク」(第41号2013年10月号)「連載」

リスクトピックをわかりやすく解説する「企業リスクの現場」第2回~グローバルグループガバナンスについて考える【前半】(季刊誌「企業リスク」第41号2013年10月号)

グローバルグループガバナンスについて考える(前半)

〜再びある日の社長室〜

前期売上高のうち、海外は70億円か。10年後には海外売上比率を5割程度にしたいところだ。そのためには、国内向け製品の生産や材料調達だけでなく現地販売にも力をいれなければならない。

さて、今日は海外子会社の月次業績レビュー会だ。李須久先生にもお越しいただく。先生には、グローバルグループガバナンスの観点からお気づきになった点をご教示いただき、新しい執行役員たちを刺激してもらうようお願いしている。

・・・続きは『資料ダウンロード』

(1.7MB,PDF)

季刊誌「企業リスク」のご案内

トーマツ企業リスク研究所では、企業を取り巻く様々なビジネスリスクへ適切に対処するための研究活動を行っています。
季刊誌「企業リスク」は、毎号、各種リスクに関する実務経験を備えた専門家の知見をお届けします。

攻め・守りの双方向から、企業が経営を適切に推進するための最新情報が詰まった一冊です。
貴社のガバナンス体制構築に、ぜひお役立てください。

 

>>季刊誌「企業リスク」の詳細はこちら

お役に立ちましたか?