ナレッジ

ライセンス監査の現状と実施手順

季刊誌「企業リスク」(第41号2013年10月号)「特集」

ライセンス監査の現状を考察し、代表的なライセンス監査の実施手順について述べる。(季刊誌「企業リスク」第41号2013年10月号)

ライセンス監査の現状と実施手順

ライセンス契約を締結し、ライセンス供与の対価としてロイヤルティの支払をライセンス先から受け取る場合、ロイヤルティの額が正しく報告されているかということが懸念点の一つとして挙げられる。

そしてこの懸念を解消する対策として、ライセンス監査の効率的な利用が注目されている。しかしながら、日本におけるライセンス監査の実態はあまり明らかになっていない。

本稿ではライセンス監査の現状を考察し、代表的なライセンス監査の実施手順について述べる。

(1.7MB,PDF)

季刊誌「企業リスク」のご案内

トーマツ企業リスク研究所では、企業を取り巻く様々なビジネスリスクへ適切に対処するための研究活動を行っています。
季刊誌「企業リスク」は、毎号、各種リスクに関する実務経験を備えた専門家の知見をお届けします。

攻め・守りの双方向から、企業が経営を適切に推進するための最新情報が詰まった一冊です。
貴社のガバナンス体制構築に、ぜひお役立てください。

 

>>季刊誌「企業リスク」の詳細はこちら

お役に立ちましたか?