ナレッジ

(速報)インド政府の「日本人に対するビザ効力の一時停止措置」の影響~新型コロナウイルス対応~

グローバルモビリティ~イミグレーション~ 2020年3月速報

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、インド入国管理局は2020年3月3日、既に発表済みの中国人に加え、日本、韓国、イタリア、イラン国籍者に対して3月3日以前に発給された通常のビザ(パスポート貼付型)及びe-Visa(到着時ビザVoA:Visa on Arrival を含む)を含む全てのビザについて、外交官などの一部の特例を除き、即時効力を一時停止すると発表しました。今回の発表は、あいにく1年で最も日系企業の異動者が多い時期に重なってしまい、国際人事担当、赴任当事者及びその家族に多大な混乱とストレスを引き起こしています。

今回の速報では、執筆時点(2020年3月10日)での最新情報に基づき、下記三つから関連当事者に対する影響を見ていきます。

 

  1. インド入国前の新規赴任予定者、帯同家族に対する影響
  2. 有効なビザを保持している既存のインド赴任者及びその帯同家族に対する影響
  3. 「やむを得ない事情」によるビザ申請(再申請)について

 

詳細はPDFよりご確認ください。

 

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

 

(441KB,PDF)

> 「グローバルモビリティ」に関するその他記事はこちら

 

お役に立ちましたか?