ナレッジ

シェアードサービスやBPOは人事部の救世主となり得るか

人事部が戦略企画業務を実行する為のオペレーション変革

どのようにすれば規模の経済やグローバルブランドの確立といった、M&Aによる企業価値の向上を実現することができるのでしょうか?この答えとして、「企業文化」への対応がM&A後の統合の成否を左右する重要な要素のひとつであると考えられます。異なる文化的背景を持つ企業同士の統合により誕生した企業においては、しばしば迅速かつ正確な意思決定や効果的な事業運営は困難であるといえます。(人事・組織コンサルティング ニュースレター Initiative Vol.33)

シェアードサービスやBPOは救世主となり得るか?

人事部が戦略/企画業務に注力するための環境を構築するには、どのような視点が必要なのだろうか。国内での登場から15年以上を経て、課題やあるべき姿が明確になりつつあるシェアード、BPOの導入ポイントを、日本国内で構築することを前提としてご紹介する。

(715KB, PDF)

ニュースレター情報

Initiative Vol.33

著者: デロイト トーマツ コンサルティング
シニアコンサルタント 原田 貴史

※上記の役職・内容等は、執筆時点のものとなります。

メールマガジン購読のお申し込みはこちら
お役に立ちましたか?