ナレッジ

劇的に変化するHRテクノロジー2018 日本語版

生産性、デザイン、インテリジェンスの浸透

「劇的に変化するHRテクノロジー2018」では、テクノロジーの発展、働き方の変容、組織管理手法の変化の中で、変化するHRテクノロジーの潮流を取り上げています。

「劇的に変化するHRテクノロジー2018」が取り上げる10のテーマと要点

1. 労働生産性向上ツール導入に新たな注目

労働生産性について検討する上で、従業員がオンラインのコミュニケーションに費やす時間が増加している点について理解する必要があります。組織の構造が階層型の組織からチーム型の組織に移行する中で、電子メールに代わる新たなコミュニケーションツールの活用について取り上げています。

2. タレントマネジメントシステム市場の変革に伴いERPやHCMベンダーはクラウド型サービスへと移行する

働き方が多様化することで、人材(タレント)に対する考え方も改める必要があります。採用から退職まで給与や評価、異動などを管理する統合型のタレントマネジメントではなく、タレント市場の変革や新たな組織の形に対応したクラウド型のチームマネジメント、ピープルマネジメントの仕組みを取り上げます。

3. 継続的なパフォーマンスマネジメントの到来

新たな働き方の人材や組織に対応するためには、従来のような期初・期末でのパフォーマンスマネジメントや、階層型組織を前提としたものではなく、チーム型組織に対応したマネジメントが必要です。フィードバック、チェックインなどを融合させた継続的なパフォーマンスマネジメントのシステムを紹介します。

4. フィードバック、パルスサーベイ、分析ツールの激増

継続的なパフォーマンスマネジメントを実施し始めた場合、フィードバックやエンゲージメントサーベイを関連付ける必要性に気づくことになります。体系立てたフィードバックを実現するためのシステムや最新の動向を紹介します。

5. コーポレートラーニングの見直しがようやく始まる

破壊的な変化やテクノロジーの急激な進化によって、従来のように経験スキルが通用する時間が短くなってきています。そのことにより、「学び直し」の必要性が高まる一方、急速な時間の流れに対応した素早いラーニングも求められます。VR・ARなども活用した新たなデジタル学習のトレンドを紹介します。

6. 採用市場は急速に変化している

優秀な人材の獲得は日本企業の人事部門でも大きな課題であり、新卒採用はもちろん、中途採用に至っては、そのために1年中採用活動を続けているような状況です。企業にとっては如何に効率的に採用するか、また採用担当者に左右されない採用を行うための仕組みについて最新動向を紹介します。

7. ウェルビーイング市場は爆発的に成長

従業員の満足度向上を考える上で、もっとも注目すべきキーワードが「ウェルビーイング(Well-being)です。心身の健康増進を進めることが、企業の成長の原動力となるという考え方で、日本でも「健康経営」と呼ばれる分野における新たなトレンドを紹介します。

8. ピープルアナリティクス市場は成長、そして成熟

長きにわたって注目されながらもゆっくりと成長してきたピープルアナリティクスの市場ですが、テクノロジーの進化によって、従来取れなかった様々な情報が取得できるようになってきています。アナリティクスからAIの活用まで進化したピープルアナリティクスの最新事例を紹介します。

9. インテリジェントセルフサービス、コミュニケーション、エンプロイー・エクスペリエンスツール

働き方改革の先には、従来のようにマネージャーが人材をマネジメントするのではなく、従業員自身がセルフマネジメントする世界が待っています。社会保険やキャリアマネジメントなど従来HRの役割だったものを従業員自身が行う新たなツールの動向について紹介します。

10. HR部門はデジタル化し、革新的に

これまで、HRテクノロジーにおけるイノベーションはベンダーによって牽引されてきました。しかし今日、技術革新は人事部門自体からもたらされ、ベンダーに対して新しいマネジメントモデルに合わせるよう促しています。今やテクノロジーに精通している人事部門のデジタル成熟化の変遷やHR成熟モデルについて紹介します。

劇的に変化するHRテクノロジー2018 [PDF: 4.2MB]
お役に立ちましたか?