サービス

企業年金リスク管理

企業年金資産運用の不正リスク低減のための、管理強化コンサルティングを提供いたします。

関連コンテンツ

企業年金リスク管理

企業年金リスク管理の目的
  • 年金基金が資産運用の状況をコントロールできる環境を整える
  • 年金基金が正しく機能するための環境を整備し、受託者責任が遂行できる態勢とする
  • 中長期的に安定的な年金財政および安定した退職給付が見込まれるような年金資産運用態勢の構築と実現を図る
  • 資産運用意思決定プロセスを明確にすることにより、本社、株主、従業員等のステークホルダーへの説明 責任を遂行する
  • 関係者間のスムーズな連携・コミュニケーションを図り、長期に安定的パフォーマンスを実現するための環境を整備する

 

態勢・環境整備
  • 内部統制の確認・整備を行い、受託者責任に配慮した組織・環境を実現する支援を行います
  • 現在の投資方針と運用状況の整合性の確認を行います
  • 投資方針をルール化し、投資方針書(案)の作成を行います
  • 投資方針を現実のプラン運営に反映するために運用ガイドラインの整備・確認を行います
  • 権限の委譲に関するルールの策定を行います

 

運用プロダクト整備、契約状況把握とリスク分析
  • プロダクト別にスキームの整理を行います
  • スキームに関して外部監査(会計監査、ファンド監査、SSAE16、GIPS等)の有無や役割につき整理を行います
  • 契約について整理し、報酬、違約金等の洗い出しを実施します
  • 流動性の確認を行います

 

継続的サービス
  • 投資パフォーマンス分析・モニタリングの作業は、四半期ベースで1年を通して行うことを想定しております
  • コミュニケーション支援の作業は、1年通期で行うことを想定しております

 

個別プロジェクト(オプション)
  • 従業員コミュニケーション
  • 株主総会関連

関連トピック