セミナー

≪9月7日開催≫女性活躍のために日本企業が応えるべき7つの質問 ~経営への覚悟の問いかけ方と考え方~

デロイト トーマツ コンサルティング・リクルートキャリア共催セミナー

日時:2017年9月7日(木)

このセミナーについて

2016年4月に女性活躍推進法が施行され、多くの企業では女性の活躍を促す取り組みが行われています。施行から約1年半、貴社は、掲げられた目標に対して、着実にアクションを実行していますか?貴社にとっての「あるべき女性活躍」の姿に照らして、現在の状態に点数をつけるなら、100点満点中何点でしょうか?

本来の女性活躍とは、女性が自信を持ち、自らの能力を発揮し、主体的に成果の創出に取り組んでいる状態であると考えます。この状態を作り出すためには、仕事の成果とプロセスが公正に評価され、「自分は組織にとって必要な存在である」と感じる環境の整備が重要です。そして、その結果として組織におけるシナジーが加速され、新たな価値・成果の創出がなされ、企業経営へインパクトをもたらすのです。

本セミナーでは、女性活躍を推進するために経営に求めるべき「覚悟」を提言するとともに、推進の主たる担い手である現場の管理職は、日々どのような行動(業務差配、部下とのコミュニケーション等)をとっていけばよいのか、そのヒントをお伝えします。

よくある女性活躍にまつわる悩みと議論すべき視点

プログラム

16:00~16:05  ご挨拶
16:05~16:30「経営視点での女性活躍推進」
  1. グローバルの潮流と三位一体変革モデル
    Diversity & Inclusionのこれまでとこれから/グローバル企業の取り組みと「三位一体変革モデル」
  2. 経営層に必要な議論の視点
    経営層に必要な議論の7つの視点と問いかけ方

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
執行役員パートナー 岡本 努
シニアマネジャー  桑原 由紀子

16:30~17:10「現場での女性活躍推進の葛藤と乗り越え方とは」(パネルディスカッション)
  1. 葛藤の中で「何を変えるのか」
    自社の「女性活躍」の考えを深めるとともに、推進の方針を固める具体的なケーススタディ
  2. 現場でのつまづきとその打ち手
    会社としての考えがない中では全く解決できない、現場で発生しやすいつまづきとその打ち手

<モデレーター>
  デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  シニアコンサルタント 児玉 都
<パネリスト>
  デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  執行役員パートナー  岡本 努
  シニアマネジャー   桑原 由紀子

~休憩(30分)~
17:40~18:15「女性のキャリア意識と行動を変えるマネジャーのコミュニケーションとは~リクルートグループ各社の実例からマネジメントの在り方を考える~」(パネルディスカッション)

<モデレーター>
  株式会社リクルートキャリア          狩野 美鈴
<パネリスト>
  株式会社リクルートキャリア          白松 真梨
  株式会社リクルートコミュニケーションズ    高木 愛子
  株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 野村 由美子

 

開催概要

日時

2017年9月7日(木) 16:00~18:15 (受付開始15:30)

主催

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 / 株式会社リクルートキャリア

場所

リクルートGINZA8ビル 東京都中央区銀座8-4-15

 

・JR「新橋」駅 銀座口より徒歩6分

 

・東京メトロ銀座線「新橋」駅 5番出口より徒歩5分

参加費

無料

定員

100名

※お申込多数の場合はやむを得ず抽選とさせていただく場合がございます。また、同業者の方のお申込はご遠慮下さい。

申込締切: 2017年8月30日(水)

 

女性活躍のために日本企業が応えるべき7つの質問 ~経営への覚悟の問いかけ方と考え方(344KB, PDF)

お申し込み

お申し込みはこちら

(外部サイト)

 ※お申込はシナジーマーケティング株式会社のサービスを利用しています。ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っております。

 

このセミナーに関するお問い合せ

株式会社リクルートキャリア 事業開発室 セミナー事務局

E-mail: socialcollege@r.recruit.co.jp