サービス

タレントマネジメント

私たちデロイト トーマツ グループは、国内のリーディングカンパニーに対するサービス経験と、グローバルの知見を最大限に活用し、人材の需給ギャップをうめるために必要なあらゆる方法をご提案します。

人材の計画的育成・有効活用・供給源開拓のために

タレントマネジメント

事業のグローバル化・多角化に伴い、グローバル人材など新しい人材ニーズが高まってきています。他方で、少子高齢化等により国内労働人口の減少が進む昨今、国内で外部から優秀な人材を獲得してくることはより一層難しくなっています。

こうした人材の需給ギャップをみすえて、「人材の計画的育成」と「人材の有効活用」の重要性がとみに高まっています。 海外を含めた「新しい人材供給源の開拓」も欠かせません。

私たちデロイト トーマツ グループは、国内のリーディングカンパニーに対するサービス経験と、グローバルの知見を最大限に活用し、人材の需給ギャップをうめるために必要なあらゆる方法をご提案します。たとえば、各企業にとっての「投資すべきタレント群(CWS:Critical Workforce Segment)」を特定した上で、当該タレントの育成・確保に向けた最適な仕組み作りを支援します。

タレントマネジメントの主要サービス

•確保・育成すべき人材の定義(量・質)

•上記定義に従った現有人材のアセスメント

•タレントマネジメントシステムの導入支援

•育成体系の構築

•サクセッションマネジメントの設計・導入

•採用・リテンション戦略の企画・立案

人材育成体系構築・研修開発実行支援

いまなぜ人材育成が急務なのか- 事業戦略の推進や現場での浸透展開を担える人材の慢性的不足

企業の継続的な成長・発展のためには、それを実現するための人材育成体系を整備し、直接“人材”に働きかけることができる研修の場を通じて、リーダーシップ開発やマネジメント力の向上を図っていくことが非常に有効な手段となります。

(60KB, PDF)

人的生産性向上に向けた人事中計策定支援

「人件費効率ベンチマーク」、「要員・人件費の最適化施策」、「マネジメントフレ ームワーク」の提言

7つのステップを活用しながら、以下の手順で“量”と“質”の観点を踏まえた人事中計を策定します。

(275KB, PDF)

人件費削減・コントロール調査に見る成功シナリオ

ー今、日本企業は何を考え、どう取り組んでいるかー

企業で取り組まれている人件費削減施策の内容や方法等について、その傾向や実態を以下の観点から分析しました。

(284KB, PDF)