サービス

Workday(ワークデイ)導入を契機にした人事部門改革

Workdayは人事機能の統合プラットフォームです。機能・スピード・コストに優れたグローバル人事情報管理システムであり、戦略人事・グローバル人事実現に向けたコストメリットのあるSaas/クラウドソリューションです。

Workdayとは

マルチテナント型SaaS/クラウドソリューションであるWorkdayは操作性の良さ、導入スピードの速さ、コストメリットに強みを持つ人事情報管理システムのグローバルマーケットリーダー製品です。

外部リサーチ会社の調査において、デロイトはHR Transformation(人事部門改革) コンサルティング分野の第一人者と高く評価されています。

我々はWorkdayという最先端のマルチテナント型SaaS/クラウドソリューションを改革の梃子としながらも“One size fits all”や“まずシステムありき”の発想ではなく、クライアントの経営課題・人事課題にあわせた最適な提案・解決策の企画・実行支援を通じて、日系グローバル企業と外資系日本法人の戦略人事・グローバル人事への移行や人事オペレーション・人事IT改革を実現しています。

 

(161KB,PDF)

Workday概要

Workdayは機能・スピード・コストに優れたグローバル人事情報管理システムであり、戦略人事・グローバル人事実現に向けた人事機能の統合プラットフォームとなります。

クラウドというテクノロジーの特性を最大限に活用し、Workdayはグローバル人事情報管理システムとして充実した機能性、柔軟性、効率性を有し、ユーザーと人事部門にさまざまなメリットをもたらします。 

WorkdayのHR機能領域一覧

グローバルコア人事
・従業員情報管理/組織管理
・ワークフロー
・ESS(従業員セルフサービス)
・MSS(マネジャーセルフサービス)
・分析ツール
・データ連携
・外部給与システム連携

報酬管理
福利厚生管理
人材能力管理(タレントマネジメント)
パフォーマンス管理
後継者育成管理
休暇管理
勤怠管理
応募者管理
採用管理
給与計算*
(*現時点では米・カナダのみ実装)
ビッグデータ分析

Workdayのメリット

■機能面におけるメリット
  • コア人事機能、ESS/MSS(従業員/マネジャーセルフサービス)、タレントマネジメント機能の有機的な統合
  • Webベースでユーザーフレンドリーな画面デザインによる操作性の高さ
  • 簡便なバージョンアップ(複数回/年)によるトレンドの迅速なキャッチアップ

 

■スピード面におけるメリット
  • システム導入までのリードタイムの短縮化
  • 経営陣、人事部、管理職そして従業員といった全てのステークホルダーに業務改善効果をもたらすリアルタイムのダッシュボード(KPI表示)
  • ヘッドカウント管理、パフォーマンス管理、報酬管理、後継者育成管理といったタレントマネジメント領域における迅速なグローバル展開

 

■コスト面におけるメリット
  • ERPなどの既存ソリューションと比べた場合の導入費用の削減
  • 総額システムコスト(TCO:Total Cost of Ownership)の削減
  • ハードウェアなどの資産をもたないことによるキャッシュフローの向上

Workday 戦略・実行のエキスパート

デロイトは世界最大規模のWorkdayグローバル戦略アライアンスパートナーであり、すでに世界で累計140件以上の導入実績、575名以上のWorkday専門資格者を有してます。
日本市場においては、すでに20人以上のWorkday専門資格者、15件のプロジェクト実績があります。2012年に日本における最大規模のWorkday導入(グループ13社、13,000人従業員規模の
外資系日本法人)を成功させており、現在も世界で95,000人、日本で35,000 人規模の日系グローバル企業でWorkday導入を進めています(2014年11月現在) 

Workday日本法人との協業関係

米国California州Pleasanton にあるWorkday本社から徒歩圏内にデロイトのUS Workday チームはオフィスを構えており、非常に密接な協業体制ができています。

またデロイトはWorkday Rising イベントで最上位ランクのTitanium Sponsor であり、毎年常にクライアントに対して、Workdayを契機にした新しい人事部門改革のアプローチを提言し続けています。

日本市場においても同様の動きが進んでいます。デロイト トーマツ コンサルティングは日本有数のWorkday Certified Consultant人員体制とプロジェクト実績数を誇るマーケットリーダーとして、Workday 日本法人(ワークデイ株式会社)と戦略的アライアンスパートナー関係を結んでいます。

数多くのWorkday認定資格者と豊富なプロジェクト導入経験、更には日本市場の深い理解を通して、日本でのWorkday導入による人事部門変革を成功に導くことが可能です。 

(399KB,PDF)

Workday導入を契機にしたグローバル人事変革

Workdayを導入した企業の事例です。
Workdayの導入背景、Workday導入後の効果などをご確認いただけます。

Workdayを活用した人事部門改革のKey Success Factors

Workdayを導入しても、効果が出なければせっかくの投資も無駄になってしまいます。
Workday導入に当たり押さえておくべきポイントをご確認いただけます。

関連寄稿記事(月刊人事マネジメント)

近未来のデファクトスタンダードを探る!人事組織のガバナンス


月刊人事マネジメント(株式会社ビジネスパブリッシング)

2014.11.05 第12回 総括:出遅れた日本の人事が取るべきガバナンス強化策
鵜澤 慎一郎(パートナー)

2014.10.05 第11回 東南アジアの日系企業がかかえる人材課題
坂田 省悟(シニアマネジャー)、高柳 圭介(マネジャー)

2014.09.05 第10回 中国市場での人事ガバナンスのあり方
澤田 修一(マネジャー)、白 晶圭(コンサルタント)

2014.08.05 第9回 クラウド人事情報システム導入を成功させるプロジェクトガバナンス
鈴木 久留磨(マネジャー)、堀口 卓哉(シニアコンサルタント)

2014.07.05 第8回 いま求められる国内拠点の人事機能変革
出崎 弘史(マネジャー)、大久保 憲(シニアコンサルタント)

2014.06.05 第7回 次世代人事情報システムの構築と効果的な活用
馬島 聖(アソシエイトマネジャー)、堀口 卓哉(シニアコンサルタント)

2014.05.05 第6回 グローバルタレントマネジメントの実践的展開手法
高柳 圭介(マネジャー)、小野 裕輝(コンサルタント)

2014.04.05 第5回 ホールディングス運営に求められる人事組織
沖津 泰彦(マネジャー)、大谷 涼平(マネジャー)

2014.03.05 第4回 グローバル人事モデル移行時のルール形成
鵜澤 慎一郎(シニアマネジャー)、山本 剛(シニアコンサルタント)

2014.02.05 第3回 社内イノベーションの創出を支援する役割
原田 貴史(マネジャー)、川北 文昭(コンサルタント)

2014.01.05 第2回 ビジネス主導の人事組織への変革
榎本 忠行(シニアマネジャー)、熊田 麻里(マネジャー)

2013.12.05 第1回 グローバル人事組織の必要性
鵜澤 慎一郎(シニアマネジャー)、平野 圭祐(シニアコンサルタント)
 

その他関連記事

日系グローバル企業で人事ビジネスパートナーモデル(HRBP)を機能させるには
著者:熊田 麻里 (マネジャー)

クラウドHRシステム時代に乗り遅れないための「ペイロール問題」対処法
執筆:馬島 聖(アソシエイト マネジャー)

外資系企業から学ぶ人事ビジネスパートナー実現の難しさ
執筆:石本 夏美(マネジャー)

『「採用」デジタル化のインパクト』 月刊人事マネジメント2013年9月号
執筆:鵜澤 慎一郎(シニアマネジャー)、赤石 拓也(コンサルタント)

『タレントマネジメント3.0の時代』 月刊人事マネジメント2013年8月号
執筆:鵜澤 慎一郎(シニアマネジャー)、斉藤 佐喜子(シニアコンサルタント)

『SaaSクラウド系人事情報システムがもたらす人事変革』 月刊人事マネジメント2013年4月
執筆:鵜澤 慎一郎(シニアマネジャー)、赤石 拓也(コンサルタント)

『SaaS導入を契機にした人事・組織改革』  月刊人事マネジメント2012年9月号
執筆:榎本 忠行(マネジャー)



※上記の社名・役職・内容等は、掲載日時点のものとなります。 

「人事・組織コンサルティング」に関連するサービス

人事と財務のクラウドソリューション「Workday」をはじめ、個人と組織が最大限のパフォーマンスを発揮できる環境構築を実現すべく、“スローガンや一過性の取り組みだけで終わらない”働き方を変えるための変革を、業界別・機能別組織との連携や、プロジェクト実績に基づく洗練された方法論によりサポートします。

サービスのご案内
関連記事