サービス

Workdayを活用した人事機能変革支援サービス(Workday HR)

グローバルでのデロイトとWorkdayの強力なアライアンスパートナーシップを礎とする国内屈指のWorkday導入パートナーとして、統合プラットフォームの構築、その後の継続的な習熟度向上やデータ活用の促進によるシステム・オペレーション変革とデジタル化推進を支援します。最適化されたシステムとオペレーションを通じて、より戦略的でイノベーション志向の人事機能にシフトすることを目的としています。

Workday HRのサービス

Workdayを活用したグローバル統合人事プラットフォーム構築だけでなく、その継続的改善・拡張やデータ活用を通じた人事戦略実行・イノベーション推進の取り組みを中長期的に支援することが可能です。

Workdayを活用した人事機能変革支援サービス [PDF, 870KB]
人事機能変革・デジタル化推進のステップ
※クリックまたはタップして拡大表示できます

当社の強み

グローバル規模での支援体制

グローバルでのデロイトとWorkdayのアライアンスはWorkday創業直後から10年以上続く強力なパートナーシップです。38か国で計1,800名を超えるWorkday認定コンサルタントが密に連携し、常にブラッシュアップされる知見を共有しながらあらゆるプロジェクトでベストなサービスを提供すべく尽力しています。
 

日本における実績

日本固有要件に対して、ソリューションオプションの抽出と評価・意思決定をいかに的確かつスピーディに実施できるかはプロジェクトの成否を大きく左右します。 また、日本国内給与ソリューションやアウトソーシングサービスとWorkdayを連携させた人事システム運用を実現させることも、日本における導入の大きなポイントになっています。

デロイトは、多くの日系企業向け導入経験、ならびに海外企業の日本法人のローカルデザイン・チェンジマネジメントへの関与経験に基づき、これらの固有要件への対応において貴社の検討と意思決定を強力に支援します。


組織・人事コンサルティングの専門性ネットワーク

デロイト トーマツのヒューマンキャピタル(人事・組織)コンサルティングは日本最大規模の体制と専門性ネットワークを有しています。これらのネットワークにおける幅広い知見とWorkdayテクノロジーを活用し、多様な人事変革課題への対応を後押ししています。

<取り組みテーマの例>

  • グローバル人材ガバナンス強化(人的資本情報の開示と関連施策推進に向けたデータ整備・活用等)
  • ジョブ型人事の推進
  • デジタル人材育成
  • 人事オペレーションにおける電子化推進
  • 従業員エンゲージメント向上(ユーザビリティ向上、Pulse Survey実施等)

 等

グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド2020に対応するWorkdayの特長

グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド 2020』では、テクノロジーが形成する世界との協働に基づく、人間とテクノロジーの融合という考え方に関して、今日の組織が抱える最も困難な葛藤を乗り越えるために必要な3つの視点に沿って、企業が準備すべき9つの人事・組織トレンドを整理しています。

ここでは、今年のレポートで取り上げられた9つのトレンドに対して有用なWorkdayの特性についてまとめました。

 

グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド 2020 に対応する Workday の特長 [PDF, 629KB]

パーパス(存在意義): 個性を追求しながら、帰属意識を醸成する

帰属意識: 「安心」から「一体感」に、そして「貢献」へ

Workdayには、働く場所や組織内での役割に関わらず、組織への帰属意識を作り出し、発展させ、測定し、さらに高めていくための仕組みがあります。

ウェルビーイング実現に向けた仕事のデザイン: 仕事も人生も健やかに

Workdayは従業員を中心として設計されており、従業員のウェルビーイングに対するニーズを特定し、「働きやすさ」や「働きがい」を向上させ、サポートする取り組みをサポートします。

世代を超えた労働力: ミレニアル世代からペレニアル人材へ 

Workdayは多様な従業員をサポートするテクノロジーソリューションを構築し続けています。パーソナライズされた機械学習により一人ひとりの従業員へ適切な学習・キャリア機会を提示する、貢献を認識して適正に報いる、コラボレーションやキャリアの形成を促すといったことができます。

ポテンシャル(可能性): 刷新が求められる世界で安心を創造する

スーパーチーム: AI をグループに加える

Workdayピープルアナリティクス機能が備える拡張分析のテクノロジーは、HRアナリストチームが実施する分析業務を自動化します。Workdayの活用は、見つけるのは”至難の業”ともいうべき従業員全体を対象とした長期におよぶ複雑な調査や分析を行う専門チームを持つことに匹敵します。

ナレッジマネジメント: コネクテッドな世界におけるコンテキストの形成 

Workdayは、ユーザーが直感的な操作で各自の持つナレッジを提供しそれを組織全体で共有できる仕組みを持つ、生来のナレッジマネジメントソリューションです。

新しいスキルの獲得を超えて: 不確実な未来に対するレジリエンスへの投資

新機能であるスキルズ・クラウドには、機械学習を用いたスキルの分析・分類・管理・更新を行う仕組みがあります。これにより、常に更新され変化し続けるスキルを、ひとつの共通言語として活用できるようになりました。
従業員は自身が持つスキルを特定し、今後必要となるスキルとそのギャップを把握できるだけでなく、新たなスキルの習得や、スキル向上のためのラーニングやメンターシップ、個人のキャリア目標や関心に基づくプロジェクトやギグと呼ばれる単発の職務等に対するレコメンデーションを受けることができます。これは、組織における人材流動性を高め、組織と従業員双方にとっての機会創出を促す環境作りに役立ちます。

パースペクティブ(展望): 不確実な時代にこそ思い切った行動をする

報酬の難問: より人間的なアプローチのための原則

Workdayの報酬機能は、高いユーザーエクスペリエンスを備えています。
人事はWorkdayとマーケットのデータを活用して簡単に報酬パッケージを定義でき、マネージャーもWorkdayが提供するデータ分析の結果からインサイトを得て、会社業績や個人の目標達成と連動した適切な報酬を設定することができます。従業員本人は、総報酬明細の機能でいつでも自身の報酬と福利厚生全体の情報を知ることができます。

人材戦略の手綱を握る: より良い結果を導く、新たな問いかけ

Workdayは、人材戦略に必要な要員計画・レポート・分析のすべての機能を有しています。信頼性の高いデータに基づき、絶え間なく変化するビジネスに遅れずに対応するための迅速な意思決定をサポートします。

倫理と労働の未来: 「~は可能か?」から「~をどのように行うか?」 へ

Future of Work(労働の未来)が急速に進化し、特に人間とテクノロジーが交差する領域において、新しいテクノロジーが労働者および社会に与える影響に関する新たな問題が、倫理アジェンダのトップに浮上しています。
Workdayタレントマーケットプレイスは、従業員とテクノロジーを結び付け、新しいキャリアの機会を提供する機能です。スキルズ・クラウドの機械学習テクノロジーにより、従業員には彼ら一人ひとりに特化したキャリアの機会として、自身の強みが活かせる機会や、新たに習得できるスキル、そして足りないスキルを補うための学習コンテンツが提示されます。

プロフェッショナル

小野 隆/Takashi Ono

小野 隆/Takashi Ono

デロイト トーマツ グループ パートナー

デロイト トーマツ コンサルティング 合同会社 執行役員 人事領域の機能・組織・業務・人材の変革について、HRテクノロジー、デジタルHR、エンプロイーエクスペリエンス、BPR、SSC・BPO、チェンジマネジメント等の観点から支援している。グローバルヒューマンキャピタルトレンドサーベイに関する講演多数。グループ組織再編・M&Aにおける人事PMI等に豊富な経験を持つ。著書に「最強組織を作る人事変革の教... さらに見る

馬島 聖/Akira Majima

馬島 聖/Akira Majima

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

Workdayを活用した人事機能変革支援(Workday HR)サービスリーダー 外資系コンサルティングファーム等を経て現職。 グローバル/グループ横断的な大規模HRテクノロジー変革を通じた人事機能の高度化やデジタル化推進の支援に強みを持ち、国内外多くのグローバル企業に対する支援実績を有する。 Workdayを初めとするグローバルソリューション、グローバル給与BPOや日本給与ソリューション等、HR... さらに見る