ナレッジ

2014年3月1日より、改正「会社法」が施行

授権登録資本金制度を導入、但し実務的な影響は現状不明

今般、全国人民代表大会常務委員会において2013 年12 月28 日付で「会社法」が改正公布され、2014 年3 月1 日より施行されます(以下“本改正”と表記)。本改正の12項目は主として最低登録資本金の撤廃及び授権登録資本金制度の導入の2点に集約されます。

トーマツ チャイナ ニュース 2014年1月号 (Vol.134)

今般、全国人民代表大会常務委員会において2013 年12 月28 日付で「会社法」が改正公布され、2014 年3 月1 日より施行されます(以下“本改正”と表記)。本改正の12項目は主として最低登録資本金の撤廃及び授権登録資本金制度の導入の2点に集約されます。

本改正では、登録資本金の実際の払込みや最低限度額については法律・行政法規及び国務院決定の別途規定に従う旨が定められる一方で、その他項目については、外商投資企業に対する現存制度と本改正の条項が整合しないまま並存している状態です。また、授権登録資本金制度の導入により従来の総投資額や投注差、出資検証などをどのように運用するのか等にも触れられていない為、今後の補足通達や各地方政府の実務運用を慎重に注視していく必要があります。

(219KB,PDF)
お役に立ちましたか?