ナレッジ

新たな増値税改革試験に関する通達を公布

デロイト中国発行 「Tax Analysis」より

2013年12月4日に国務院が新たに鉄道運輸業及び郵便サービス業を増値税改革試験の適用対象にすることを決定したことを受け、財政部及び国家税務総局は12月13日に増値税改革試験に関する新しい通達(財税[2013]106号通達、“106号文”と略称)を公布した。遡及適用される一部の項目を除き、106号文は2014年1月1日より施行される。

トーマツ チャイナ ニュース 2014年1月号 (Vol.134)

2013年12月4日に国務院が新たに鉄道運輸業及び郵便サービス業を増値税改革試験の適用対象にすることを決定したことを受け、財政部及び国家税務総局は12月13日に増値税改革試験に関する新しい通達(財税[2013]106号通達、“106号文”と略称)を公布した。遡及適用される一部の項目を除き、106号文は2014年1月1日より施行される。

106号文は、増値税改革試験が全国で実施される際、財政部及び国家税務総局が公布した増値税改革試験に関する通達(財税[2013]37号通達、“37号文”と略称)に取って代わるものである。37号文は2014年1月1日に廃止されるが、その中の多くの条項は106号文で踏襲されている。本tax Analysisでは主に、現行の政策に対する106号文による変更点について検討する。

(249KB,PDF)
お役に立ちましたか?