ナレッジ

中国企業会計準則 従業員報酬―改訂版

【中国会計情報】 連載 第2回

今回は、2014年1月に改訂された「企業会計準則第9号 –従業員報酬」(以下、「改訂9号準則」)を解説します。 改訂9号準則は、総則、短期給付、退職後給付、解雇給付、その他の長期従業員給付、開示、移行規定、付則の8章から構成されています。なお、関連する応用指南は、公表されていません。改訂9号準則は、基本的には国際財務報告基準(IFRS)の考え方を踏襲した内容となっています。中国企業会計準則 第2回 従業員報酬―改訂版

トーマツ チャイナ ニュース 2014年3月号 (Vol.136)

今回は、2014年1月に改訂された「企業会計準則第9号 –従業員報酬」(以下、「改訂9号準則」)を解説します。
改訂9号準則は、総則、短期給付、退職後給付、解雇給付、その他の長期従業員給付、開示、移行規定、付則の8章から構成されています。なお、関連する応用指南は、公表されていません。
改訂9号準則は、基本的には国際財務報告基準(IFRS)の考え方を踏襲した内容となっています。
なお、有給休暇に係る会計処理は、多くの日系企業に影響すると思われることから、早めに担当の会計監査人と協議することが望ましいと思われます。 

(238KB,PDF)
お役に立ちましたか?