ナレッジ

改正「会社法」の施行に伴い、補足通達の公布が相次ぐ

通達ごとに改定の有無が異なり、実務運用の注視が必要

「会社法」が2013年12月に約8年振りに改正され、2014 年3 月1 日より施行されています 。これに伴い、国務院や工商行政管理局から相次いで補足通達が公布され、改正法と同日に施行されています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年3月号 (Vol.136)

「会社法」が2013年12月に約8年振りに改正され、2014 年3 月1 日より施行されています(以下“改正法”と表記) 。これに伴い、国務院や工商行政管理局から相次いで補足通達が公布され、改正法と同日に施行されています。
改正法による “授権登録資本金制度”という新制度の施行を受け、これらの補足通達には従来の年度検査制度から年度報告公示制度への移行や出資検証(所謂“験資”)手続きの廃止など、重要項目の変更が含まれています。
上記の補足通達は、国務院の通達において本改正の大枠を打ち出し、国務院の下位に位置する国家工商行政管理局の通達により詳細に規定される建付けになっています。
本稿では、本改正の大枠を打ち出している国務院通達について説明し、次号以降に従来の年度検査制度に代わる年度報告報公示制度や出資検証制度の変更に関し、解説します。 

(217KB,PDF)
お役に立ちましたか?