ナレッジ

改正「消費者権益保護法」が2014年3月15日より施行

消費者の権利保護が強化されており、適切な対応が必要

今般、4年振りに「消費者権益保護法」が改正され、2014年3月15日から施行されています。 改正法では、欠陥商品のリコールに関する事業者責任の強化、詐欺的行為に関する懲罰的損害賠償の強化、消費者協会等による消費者権益公益訴訟の容認など、事業者側の責任が増しています。

トーマツ チャイナ ニュース 2014年4月号 (Vol.137)

今般、4年振りに「消費者権益保護法」(主席令第7号、“改正法”と表記)が改正され、2014年3月15日から施行されています。
改正法では、欠陥商品のリコールに関する事業者責任の強化、詐欺的行為に関する懲罰的損害賠償の強化、消費者協会等による消費者権益公益訴訟の容認など、事業者側の責任が増しています。また個人情報保護の強化や通信販売におけるクーリングオフ制度の導入、インターネット取引プラットフォーム事業者に対する管理強化など、消費者向けビジネスの変化に合わせ変更された条項も多くみられます。
中国における消費者意識の高まりに加え、近年の日系企業における中国での事業環境を鑑みると、消費者の合法的な権利の保護を怠り大規模な批判を招けば、当該企業の損害は深刻になりかねません。その意味でも、改正法の改正条項は看過できないものと考えられます。
改正法の詳細は、以下の通りです。 

(234KB,PDF)
お役に立ちましたか?