ナレッジ

親会社保証付き人民元借入に関する規制が緩和

匯発[2014]29号の施行

匯発[2014]29号が2014年6月1日から施行され、親会社など海外機構の保証付き中国国内借入の取扱いが変更され保証履行時においても当該偶発債務残高は外債限度額管理の対象外となったため、親会社保証付き人民元借入など、クロスボーダー保証による中国国内借入規制が緩和されています。本稿では、匯発[2014]29号の内容と留意点をを解説しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年6月号 (Vol.139)

匯発[2014]29号が2014年6月1日から施行され、親会社など海外機構の保証付き中国国内借入の取扱いが変更され保証履行時においても当該偶発債務残高は外債限度額管理の対象外となったため、親会社保証付き人民元借入など、クロスボーダー保証による中国国内借入規制が緩和されています。本稿では、匯発[2014]29号の内容と留意点をを解説しています。

(195KB,PDF)
お役に立ちましたか?