ナレッジ

上海自貿区2014年版ネガティブリスト概要、企業進出状況

上海市人民政府公告2014年第1号の施行

「中国(上海)自由貿易試験区」ではネガティブリスト方式を導入しています。外商投資企業に対し、参入特別措置の対象となる業種をネガティブリスト項目に該当する業種では許可制を実行し、従来通り、審査認可管理を実行する一方で、ネガティブリストに該当しないプロジェクトには届出制を実施しています。本稿では同リストの概要と、同区における企業の進出状況を解説しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年7月号 (Vol.140)

2013年9月に「中国(上海)自由貿易試験区」が正式稼働しネガティブリスト方式を導入しています。外商投資企業に対し内国民待遇を適用せず、参入特別措置の対象となる業種をネガティブリストに列挙し当該リスト項目に該当する業種では許可制を実行し、従来通り、審査認可管理を実行する一方で、ネガティブリストに該当しないプロジェクトには届出制を実施しています。今般、上海市政府は2014年版ネガティブリストを施行しています。

本稿では同リストの概要と、同区における企業の進出状況を解説しています。

(39KB,PDF)
お役に立ちましたか?