ナレッジ

外貨資本金の自由兌換と国内再投資に対する規制緩和

匯発[2014]36号の施行

匯発[2014]36号が2014年8月に施行され、天津濱海新区や蘇州工業園区を含む16開発区等のパイロット区域に対し、上記の人民元転規制に対する一部緩和や再投資資金としての活用を認めるなど、大幅な規制緩和を図っています。匯発[2014]36号と同様の規制緩和は上海自由貿易試験区に対して既に実施されており、外貨資本金の規制緩和が17区域に拡大したことになります。本稿では、匯発[2014]36号の詳細について解説しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年8月号 (Vol.141)

匯発[2014]36号が2014年8月4日に施行されました。匯発[2014]36号では、天津濱海新区や蘇州工業園区を含む16開発区等のパイロット区域に対し、人民元転規制に対する一部緩和や再投資資金としての活用を認めるなど、大幅な規制緩和を図っています。匯発[2014]36号と同様の規制緩和は上海自由貿易試験区に対して既に実施されており、外貨資本金の規制緩和が17区域に拡大したことになります。

本稿では、匯発[2014]36号の詳細について解説しています。

(221KB,PDF)
お役に立ちましたか?