ナレッジ

非居住者企業の派遣人員に係る税務当局の調査アンケート

広州など一部地域で実施済、慎重な対応が望まれる

中国の税務当局がPE課税を強化する動きにあり、広州では非居住者企業からの派遣人員が職務を担当する状況に関し、税務当局の調査アンケートを外資企業に対し実施しています。調査アンケートの回答時には、同主旨の質問に対して整合の取れた回答を行う必要があり、また契約書等の関連書類の文言と矛盾が生じないよう、適確な対応が求められます。本稿では、デロイト中国による、同調査アンケートの日本語参考訳を掲載しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年8月号 (Vol.141)

中国の税務当局がPE課税を強化する動きにあり、広州では、非居住者企業からの派遣人員が職務を担当する状況に関し、税務当局の調査アンケートを外資企業に対して実施しています。

調査アンケートの回答時には、現状を正確に記載することは勿論のこと、繰り返される同主旨の質問に対して整合の取れた回答を行う必要があります。また現状に即した回答内容であっても、契約書等の関連書類の文言と矛盾が生じることも好ましくありませんので、適確な対応が求められます。

本稿では、デロイト中国による、同調査アンケートの日本語参考訳を掲載しています。

(212KB,PDF)
お役に立ちましたか?