ナレッジ

移転価格と“ハイテク企業”資格認定

デロイト中国発行 「Tax Analysis」より

“ハイテク企業”資格の申請は多国籍企業のグローバルの移転価格政策の実施に影響を与える可能性があります。本稿では、中国におけるハイテク企業資格の認定条件と移転価格実務の最近の動向に触れながら、日中マネジメント間の意見の相違が発生する原因や、ハイテク企業に対する税務上の優遇を考慮しつつ、合理的な移転価格政策を如何に策定すればよいのか等について検討しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年8月号 (Vol.141)

多国籍企業の中国子会社のマネジメントは往々にして、“ハイテク企業”資格の取得が望ましいと考えていますが、当該資格の申請は多国籍企業のグローバルの移転価格政策の実施に影響を与える可能性があります。このため、中国においてハイテク企業資格を申請すべきか否かを巡り、中国子会社と本社のマネジメントの間で意見の相違が生じることがあります。 

本稿では、中国におけるハイテク企業資格の認定条件と移転価格実務の最近の動向に触れながら、日中マネジメント間の意見の相違が発生する原因や、ハイテク企業に対する税務上の優遇を考慮しつつ、合理的な移転価格政策を如何に策定すればよいのか等について検討しています。

(224KB,PDF)
お役に立ちましたか?