ナレッジ

中国企業会計準則 他の企業への関与の開示-新設

【中国会計情報】 連載 第8回

今回は、2014年3月に改訂された「企業会計準則第41号 – 他の企業への関与の開示」(以下、「41号準則」)を解説します。41号準則では、従来各準則に分散していた子会社、共同支配企業、関連会社等に関する開示要求が集約・拡充されています。

トーマツ チャイナ ニュース 2014年9月号 (Vol.142)

今回は、2014年3月に改訂された「企業会計準則第41号 – 他の企業への関与の開示」(以下、「41号準則」)を解説します。41号準則では、従来各準則に分散していた子会社、共同支配企業、関連会社等に関する開示要求が集約・拡充されています。これは、財務諸表の利用者が、他の企業への関与の内容、関連するリスク、企業の財政状態、経営成績、キャッシュ・フローへの影響を評価するために有用な情報を提供することを目的としています。

(221KB,PDF)
お役に立ちましたか?