ナレッジ

納税者に対する信用格付の変更について説明してください

「納税信用管理弁法(試行)」の施行

今般、当該格付制度が改正され、2014年10月より「納税信用管理弁法(試行)」が新たに施行されます。新弁法では評価項目を大幅に増加させると共に、税務当局以外の外部機関による外部情報も評価項目に加えられました。特に、納税者に深刻な信用失墜行為があればD級が即時適用されます。本稿では、納税者に対する信用評価方法及び新弁法の施行による納税者への影響について解説しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年9月号 (Vol.142)

中国の税務機関は納税者に対して信用評価を行い、AからDまでの4ランクに格付しています。

今般、当該格付制度が改正され、2014年10月1日より「納税信用管理弁法(試行)」が新たに施行されます。今回の改定は、これまでと同様に信用評価の高い納税者を優遇し、信用評価の低い納税者を厳格管理し、特に厳格管理には強化が図られています。新弁法では評価項目を大幅に増加させると共に、税務当局以外の外部機関による外部情報も評価項目に加えられました。特に、納税者に深刻な信用失墜行為があればD級が即時適用されます。本稿では、納税者に対する信用評価方法及び新弁法の施行による納税者への影響について解説しています。

(223KB,PDF)
お役に立ちましたか?