ナレッジ

改訂「企業会計準則第9号-従業員給付」詳細解説

【中国会計情報】 連載 第9回

2014年1月に改訂され2014年12月決算から適用されている「企業会計準則第9号 –従業員給付」(以下、「改訂9号準則」)では、従来、明確に規定されていなかった有給休暇に係る会計処理が会計準則の本文において定められました。また、改訂9号準則応用指南では、未払有給休暇の会計処理が設例とともに説明されていますので、その内容について解説します。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年11月号(Vol.144)

2014年1月に改訂され2014年12月決算から適用されている「企業会計準則第9号 –従業員給付」(以下、「改訂9号準則」)では、従来、明確に規定されていなかった有給休暇に係る会計処理が会計準則の本文において定められました。また、改訂9号準則応用指南では、未払有給休暇の会計処理が設例とともに説明されていますので、その内容について解説します。
なお、有給休暇に係る会計処理は、多くの日系企業に影響すると思われることから、早めに担当の会計監査人と協議することが望ましいと思われます。

(266KB,PDF)
お役に立ちましたか?