ナレッジ

「外商投資産業指導目録(意見聴取稿)」の公表

【中国投資情報】

中国国家発展改革委員会は「外商投資産業指導目録(意見聴取稿)」を公表しました。2014年11月4日から12月3日までの1か月間、国家発展改革委員会のホームページ上での意見聴取が実施されています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年11月号(Vol.144)

今回の意見聴取稿では、“2011年版”改正時と同様の“選別的”な外資導入政策を維持しながら、経済のグローバル化への対応を目的として製造業及びサービス業を中心に制限類項目が現行の79項目から35項目に削減されました。さらに奨励類の自動車電子装置の製造・研究開発関連項目の一部、定期・不定期国際海上輸送業務等に対し要求されていた“合弁、合作に限る”または“中国側の持分支配”を規定した旨の記述が削除される等、外資への開放を更に推し進める内容となっています。また、養老機構が奨励類に追加される等、高齢化の加速を見据えた内容も盛り込まれています。 

(217KB,PDF)
お役に立ちましたか?