ナレッジ

固定資産の加速減価償却の範囲が拡大

【中国税務情報】財税[2014]75号の施行

2014年10月20日付けで「固定資産の加速減価償却に係る企業所得税政策の完備に関する通知」(財税[2014]75号、以下“75号通知”と表記)が公布され、2014年1月1日から遡及適用されています。本稿では、75号通知の詳細を解説しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2014年11月号(Vol.144)

2014年10月20日付けで「固定資産の加速減価償却に係る企業所得税政策の完備に関する通知」(財税[2014]75号、以下“75号通知”と表記)が公布され、2014年1月1日から遡及適用されています。
これまでも “技術の進歩により、製品のモデルチェンジが速い固定資産”、“常に振動が強く腐食しやすい状態に置かれている固定資産” 、或いは“固定資産の見積耐用年数が規定の最短耐用年数よりも短いことを証明する十分な証拠がある場合”等 において、減価償却期間の短縮や加速減価償却の採用を認めています。また、ソフトウェア産業、集積回路産業に対する減価償却期間の短縮 など、特定業種を対象にした加速減価償却も規定されています 。
今般75号通知では、固定資産に対する加速減価償却を新たにバイオ医薬品の製造、専用設備の製造、通信・ソフトウェア・情報技術サービスを含む6業種に認めています。また、これらに加えて、全ての企業に対する少額固定資産の一括償却を認めるなど、その適用範囲が更に拡大されています。
75号通知の詳細は以下の通りです。 

(214KB,PDF)
お役に立ちましたか?