ナレッジ

外貨登記に対する手続の簡素化及び会社法の内容改正を反映

【中国投資情報】匯発[2015]13号の施行

匯発[20153]139号が2015年6月1日より施行されることによる、外貨管理手続きの更なる簡素化について解説しています。

関連コンテンツ

トーマツ チャイナ ニュース 2015年3月号(Vol.148)

匯発[20153]139号が2015年6月1日より施行され、外貨管理手続きの更なる簡素化が図られます。139号通知は、2012年以降、匯発[2012]59号及び匯発[2013]19号により、資本取引における規制緩和及び手続きの簡素化を一段と進めたものとなっています。すなわち、外貨管理局による審査・認可から銀行での審査への変更と、出資検証や外貨年度報告制度などの2014年3月1日施行の改正「会社法」による授権登録資本金制度 の導入に伴う変更を反映しています。本稿では、上記変更事項のうち特に日系企業に関連のある項目について、その詳細を説明します。

(271KB,PDF)
お役に立ちましたか?