ナレッジ

中国資本市場の概要(3)

【中国投資情報】中国の新三板市場

本稿では、2012年に全国規模の場外証券取引市場(店頭取引市場)として設立された全国中小企業株式譲渡システム(“新三板”)について解説しています。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ チャイナ ニュース 2015年5月号(Vol.150)

中国では、2012年11月を最後にIPOの承認を停止していましたが、2014年1月、14か月ぶりにIPOが再開されており、その後も上場審査のスピードが速まっています。また株価も2014年11月以降、特に中国国内金利の低下を受け上昇基調にあり、中国資本市場が語られる場面が増えてきました。このような中国資本市場の状況を踏まえ、デロイト トーマツ チャイナ ニュースでは、中国資本市場の概要を説明します。
本稿では、2012年に全国規模の場外証券取引市場(店頭取引市場)として設立された全国中小企業株式譲渡システム(“新三板”)について解説しています。
 

(260KB,PDF)
お役に立ちましたか?