ナレッジ

広東、天津、福建自由貿易試験区の概要

【中国投資情報】

2015年4月に正式に発足した広東、天津、福建の自由貿易区の概説しています。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ チャイナ ニュース 2015年6月号(Vol.151)

2013年7月3日に中国(上海)自由貿易試験区(以下、“上海自貿区”と表記)の創設が正式に打ち出され、行政・投資管理・貿易管理・金融の各分野における改革が実行されてきました。約2年の試行期間を経て、今年4月に入り、広東省・天津市・福建省における自由貿易試験区が正式に発足、これにより自貿区は中国全土の4か所に拡大し、上海自貿区モデルは、広東、天津、福建それぞれの地域的特性を反映した形で拡大されています。
本稿では、今般新しく稼働を始めた広東、天津、福建の3つの自貿区の取り組みを説明します。

(305KB,PDF)
お役に立ちましたか?