ナレッジ

自由貿易試験区における外貨管理の最新動向

【中国投資情報】~外債の自由元転等~

中国の自由貿易試験区は、2013年10月にスタートした上海と、2015年4月にスタートした福建・広東・天津と4つがあり、先行的に外商投資の誘致や管理、貿易モデルの転換、金融改革、行政手続の簡素化等を行うことにより、中国の経済成長を牽引するパイオニア的な役割が期待されています。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ チャイナ ニュース 2016年1月号(Vol.158)

自由貿易試験区で成功した制度設計が将来的に全国へ複製される可能性があり、今後の中国における外貨管理改革を含む金融改革の方向性を知るために、今回は自由貿易試験区における外貨管理の最新動向を紹介します。

(267KB,PDF)
お役に立ちましたか?