ナレッジ

自由貿易試験区における外債管理改革

【中国投資情報】~外債限度額計算方法の改訂~

前月号 において、4つの自由貿易試験区における外債自由元転の金融改革に言及しました。これに続き、中国人民銀行が2016年1月22日に、「クロスボーダー融資全体に対するマクロプルーデンス管理試点の拡大に関する通知」(以下、“通知”と表記)を公布しました。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ チャイナ ニュース 2016年2月号(Vol.159)

マクロプルーデンス管理とは、前月号で説明した比率自律管理と同じ意味で、純資産を基準値にし、これに一定のリスクファクターを加味し加重平均計算した額をもって、企業の外債枠を残高管理する考え方です。

(266KB,PDF)
お役に立ちましたか?