ナレッジ

資本項目外貨管理の改革と規範化

【中国投資情報】外債の自由な人民元転を全国展開

2016年6月15日、中国国家外貨管理局は、「資本項目の人民元転管理政策の改革及び規範化についての通知」(滙発〔2016〕16号)を公布し、同日施行されました。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ チャイナ ニュース 2016年7月号(Vol.164)

16号通知の主な内容は以下の4点です。
1. 中国国内企業(中国資本企業と外国資本企業を含むが、金融機関を除く)は、外債により調達した外貨収入を任意に人民元転することが可能となります。
2. 資本項目の外貨収入人民転後の入金口座として、共通の「人民元転後支払待ち口座」を使用することができます。
3. 資本項目の外貨収入の使途として、関連会社への貸付や、銀行の元本保証型理財商品への投資が解禁されました。
4. 資本項目の外貨収入に関する支払管理規定が統一、規範化されました。
以下、詳細を説明します。 

(316KB,PDF)
お役に立ちましたか?