ナレッジ

Q: 北京市税務局発行の「企業所得税実務上操作の政策指針」の内容とはどのようなものでしょうか?  

【中国税務情報QA】 (収益認識:みなし販売編)    

デロイト トーマツ チャイナ ニュース 2020年8月号(Vol.197)

北京市税務局より2019年11月に発行されている「企業所得税実務上操作の政策指針」(以下、「本政策指針」)の取り上げている。本政策指針では、企業所得税上の重点項目について、主に課税所得額の計算や優遇政策等に関して企業が直面する問題を取り上げて解説しており、納税者が関連する政策をより深く理解し、合法的に納税し、納税リスクを事前に低減していく上で、有用な情報がまとめられている。「放管服」(権力の簡素化、移譲と管理統合による行政サービスの合理化)を実施している中国では、税務局による従前の事前管理から、企業による自己管理(言い換えれば税務局による事後管理)というトレンドが現在は主流のため、今後も自己判断による税務処理が必要な企業側にとっても一定の判断の一助となることが期待されている。

 

記事の本文は右側のアイコンをクリックしてご覧下さい。

 
(425KB,PDF)
お役に立ちましたか?