ナレッジ

Voice of Asia Forum 

人口動態が促すアジアのパワーバランスのシフト

デロイト トーマツ グループでは、2018年1月24日に初回となるVoice of Asia Forumを開催いたしました。現在、アジアは全世界人口の約60%を占めており、世界における多様性とイノベーション促進の上で中心的な役割を果たしています。グローバルビジネスにも深く大きな影響を与える存在となったアジア地域において、日系企業が持続的に成長していくためには、現在そして近い未来に、アジア地域が直面する課題やチャンスについて考える必要があります。

Voice of Asia Forum 開催概要

「Voice of Asia Forum」は、CEO(最高経営責任者)級の経営幹部の皆様が集い、「日系企業のアジア進出」という目的の遂行にインサイトを提供し、現在のアジア市場の動向及び今後のあり方について議論するフォーラムです。

 デロイトでは四半期に一度、アジア太平洋地域のエコノミストによるレポート『Voice of Asia』シリーズを発行しております。今回は“Demographics”をテーマに発行された『Voice of Asia Edition 3』を元に、”人口動態が促すアジアのパワーバランスのシフト”と題し、アジア諸国における高齢化などの課題が、今後の産業の展望に及ぼし得る影響、並びに必要とされる方策を、参加者の皆様と考えました。 

初となるVoice of Asia Forumに、多くの企業幹部の皆様にご参加頂き、講演会・懇親会ともに大盛況のうちに終了しました。

本フォーラムに先立ち、アジア市場のメガトレンドを追う刊行物「Voice of Asia」も合わせて発行しています。

【開催概要】
2018年1月24日(水)   於: ペニンシュラホテル  
      14:00 - 17:10 講演会
      17:15 - 18:30 懇親会

【対象】
日本の主要企業の経営幹部の方々

【プログラム】

※敬称略、役職は当時のものです。

プログラム
登壇者
【主催者挨拶】
 小川 陽一郎
 デロイト トーマツ グループ CEO
【基調講演1】
今後の人口動態がアジア経済にもたらす
「影」と「光」
大山 剛
 有限責任監査法人トーマツ
【パネルディスカッション①】
 今後の人口動態がアジア経済にもたらす
「負」の影響 
大山 剛
 有限責任監査法人トーマツ  
吉野 直行 氏
 アジア開発銀行研究所 所長
西村 淸彦 氏
 政策研究大学院大学  教授  
【パネルディスカッション②】
今後の人口動態がアジア経済にもたらす
「正」の影響
田中 克幸
 デロイト トーマツ   ファイナンシャル アドバイザリー合同会社
 Vice President
神津 多可思 氏
 リコー経済社会研究所 所長
サンジーヴ・スィンハ 氏
 日印パートナーシップ株式会社 代表
 作家、投資戦略家

リスク管理戦略センター

海外の主要機関や金融機関、メディアが伝えるマクロ・リスク情報や、バーゼル規制を始めとする世界の金融規制を分析。ストレス・シナリオやリスクアペタイト・フレームワーク構築支援、およびこれらを活用したリスク管理に関するアドバイザリーサービスを提供しております。メールマガジン登録等の詳細はコチラです。

お役に立ちましたか?