ナレッジ

中国ビジネスQ&A 中国における税関によるロイヤリティ課税

『日中経協ジャーナル』 2017年11月号

ロイヤリティ等の税関価格調査が14 年以降、強化されています。企業としては税関調査に慎重に対応し、課税リスクを軽減し、税負担などを最小化にするように準備する必要があります。

Question:
中国現地法人に貨物を輸出しており、成約価格に税関によるロイヤリティの加算課税が求められており、また自主検査も求められています。最近の中国税関によるロイヤリティ課税について、その仕組み、新しい動き及び留意点をご教示ください。

Answer:
外国企業の中国子会社が中国税関からロイヤリティに対して関税及び輸入段階増値税の納付を求められるケースが急増しています。特に 2014 年以来、中国税関は成約価格へのロイヤリティの加算状況について、全土において専門的な調査を展開し、そのうち、自動車部品業界、電子部品業界を重点対象に調査を実施しました。その結果、数多くの企業が数千万ないし億単位の人民元の追納が発生し、経営・財務に影響をもたらすケースも出てきています。

 

*記事の全文はPDFをダウンロードください。

※本記事は、一般財団法人日中経済協会の許可を得て当法人のウェブサイトに掲載したものにつき、無断転載を禁じます。

(545KB, PDF)
お役に立ちましたか?