最新動向/市場予測

新型コロナウィルス感染症に対する医療機関でのICT関連の課題相談

医療機関におけるICT関連課題の相談窓口の開設

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、医療機関において、職員の在宅勤務や遠隔診療の検討、病院情報システムの検討や運用というシステムベンダーに依存する課題の表面化など、これまでになかった課題への対応が、医療崩壊の危機に隠れて迫ってきています。

医療機関に必要とされるICT関連での対応についての相談窓口の開設

新型コロナウィルス感染症の拡大(以下、「COVID-19問題」と記載します)により、医療機関においても様々な影響が表れつつあります。

電子カルテなど医療情報の管理・導入計画・システム会社への依頼などが予定どおり進められない状況下にあり、課題を抱えてておられる皆様に対して、医療情報の相談窓口を設置しましたので、ご活用ください。

 

病院情報システム関連ベンダーへの影響

病院情報システムは、電子カルテだけでなく、多くの部門システムにより構成されているため、多くのシステムベンダーの協力が不可欠です。COVID-19問題により、システムベンダーも病院に訪問できない、訪問できても遠方からの訪問ではなく近くの営業のみ、また遠隔会議にも十分対応できない、といった状況が広がっています。

病院情報システムの導入作業中の医療機関における、導入設計作業やシステム更新時期の検討への影響はもちろん、システム運用中の医療機関においても保守業務の安定継続といった観点での影響が表れつつあるようです。

 

医療機関職員への影響

COVID-19問題については、これまでも様々な安全対策が講じられてきましたが、緊急事態宣言を受けて、一部職員の在宅業務へのシフト・遠隔診療体制・環境の確立や外来業務のオンライン対応等、職員・患者双方において、より具体的な感染回避・抑制のための対策の必要性が議論され始めています。

 

必要とされる具体的な対応についての相談窓口の開設

デロイト トーマツ グループでは、国・地方自治体での医療ICT施策の支援実績、医療機関における病院情報システム導入検討の支援実績、それらを通しての多くの病院情報システムベンダーとの情報共有体制を有しています。

それらのコネクション・実績をもって、医療機関の課題に対するご相談に対応しますので、お気軽にご利用下さい。

ご相談頂いた内容について、デロイト トーマツ グループのコンサルタントが回答差し上げますので、下記の項目を記載の上、メールでお気軽にご相談下さい。

相談窓口

宛先:hc_ict_2020@tohmatsu.co.jp

 

ご回答に必要となるため、下記内容をメール本文に記載してください。

・医療機関名

・ご担当者名

・所属部署

・ご連絡先(電話・メール)

・ご相談内容

 

※ご相談の内容により、助言・事例や他施設の状況などご案内することを予定していますが、内容により明確な回答ができない場合がありますことをご理解ください。

有限責任監査法人トーマツ
リスクアドバイザリー事業本部  ヘルスケア 

2020/05

 

関連サービス

ライフサイエンス・ヘルスケアに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

ライフサイエンス・ヘルスケア:トップページ

■ ライフサイエンス

■ ヘルスケア

ヘルスケアメールマガジン

ヘルスケア関連のトピックに関するコラムや最新事例の報告、各種調査結果など、コンサルタントの視点を通した生の情報をお届けします。医療機関や自治体の健康福祉医療政策に関わる職員様、ヘルスケア関連事業に関心のある企業の皆様の課題解決に是非ご活用ください。(原則、毎月発行)

記事一覧

メールマガジン配信、配信メールマガジンの変更をご希望の方は、下記よりお申し込みください。

配信のお申し込み、配信メールマガジンの変更

お申し込みの際はメールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読ください。

>メールマガジン利用規約
>プライバシーポリシー

お役に立ちましたか?