最新動向/市場予測

医療情報システム導入キャンプ2017 開催報告

ワークショップ形式のセミナーを初開催しました

デロイト トーマツ グループの一員である有限責任監査法人トーマツ主催「医療情報システム導入キャンプ2017」を初開催致しました(平成29年6月)。参加者の皆様と当法人コンサルタントが医療情報システムの導入に関して活発な意見交換を行いました。

【テーマ1】システム導入までのスケジュールを立ててみよう

テーマ1は、『システム導入までのスケジュールを立ててみよう』と題し、架空のトーマツ医療センター(350床)の病院情報システム更新スケジュールについて議論を行いました。項目ごとのスケジュール感や検討がウォーターフォール型を意識して検討を進めて頂くことなどをご説明しました。

◆講師紹介◆
有限責任監査法人トーマツ コンサルタント 根本 大介
シンクタンクを経て、現職にて医療向けコンサルティングを実施。
月刊『新医療』にて「HISの定理」連載中。他、講演・著作多数。

(PDF,208KB)

【テーマ2】もしあなたが電子カルテシステムの営業だったら

テーマ2は、『もしあなたが電子カルテシステムの営業だったら』と題し、視点を変えてシステム会社の社員として架空のトーマツ病院(急性期中核病院)にどの様に提案することが効果的かを議論しました。

◆講師紹介◆
有限責任監査法人トーマツ コンサルタント 根本 大介
シンクタンクを経て、現職にて医療向けコンサルティングを実施。
月刊『新医療』にて「HISの定理」連載中。他、講演・著作多数。

(PDF,83KB)

【テーマ3】システム導入の基本方針を決めよう

テーマ3は、『システム導入の基本方針を決めよう』と題し医療情報システムを導入する際に課題の抽出や目的を明確にすることの重要性について議論を行いながらご理解を頂く機会となりました。

◆講師紹介◆
当法人コンサルタント 稲田 雄介
某大手電子カルテベンダーにて医療情報システムの提案、導入に従事した後、現職にてコンサルティングを実施。
専門分野は、医療情報システム。

(PDF,148KB)

【テーマ4】仕様書のレベル感を考えよう

テーマ4は、『仕様書のレベル感を考えよう』と題し、仕様書作成にあたって実際にかかる時間について参加者の皆さんの医療機関を想定しながらの個人ワークと発表、そして、他の参加者の皆さんからの意見発表を行いました。別の視点や時間想定の違いなどを実感して頂きました。

◆講師紹介◆
当法人コンサルタント 檜山 悟史
某公立病院にて病院情報システムの担当を長年勤める。病院勤務時からDMATに所属し、各地に出動実績を持つ。
専門は、病院情報システム、災害医療、BCP。

(PDF,195KB)

【テーマ5】システムの使い勝手の評価

テーマ5は、『システムの使い勝手の評価』と題し、評価の基準作りが難しい使い勝手に視点を当てて、評価方法や配点をグループで考え発表して頂き、それをベースとして議論のまとめを行いました。点数配分の難しさや基準設定についての考え方などについて理解を深めて頂きました。

◆講師紹介◆
当法人コンサルタント 古道 義隆
某大手電子カルテベンダーにてSI・開発業務に10年以上従事し、プロジェクトマネージャーとして多数の病院情報システム導入に携わる。
専門は、病院情報システムの導入、監査。

(PDF,235KB)

※本ページ掲載の資料は発表資料からの抜粋です。その他セミナー資料についてご依頼の自治体、医療機関様については、ページ右上の「お問い合せ」ボタンよりご連絡ください。

お役に立ちましたか?