ナレッジ

就労に向け準備が必要な生活保護受給者への効果的な支援のあり方

厚生労働省平成29年度社会福祉推進事業による調査研究報告書を公開

厚生労働省では、地域社会における今日的課題に対する先駆的・試行的取組等への支援を通じて、社会福祉の発展、改善等に寄与することを目的として、「生活困窮者就労準備支援事業費等補助金(社会福祉推進事業)」として助成を行っています。当法人は、この助成を受け、「平成29年度生活困窮者就労準備支援事業費等補助金(社会福祉推進事業)」として「就労に向け準備が必要な生活保護受給者への効果的な支援のあり方に関する調査研究」を実施しました。

本調査研究では、生活保護受給者のうち特に就労に関する阻害要因を多く抱え支援が長期化する傾向のある「就労に向け準備が必要な生活保護受給者」の自立を促進することを目的として、就労に向け準備が必要な生活保護受給者に対して効果的な支援を行う自治体の取組事例を収集して分析し、就労に向け準備が必要な者に対する効果的な支援のあり方についてとりまとめました。

詳細は報告書をご覧ください。

お役に立ちましたか?