最新動向/市場予測

医療法人のガバナンスについて

第7次医療法改正にて医療法人制度の見直しが行われました。

第7次医療法改正においては、医療法人制度では、主にガバナンスに関する事項と透明性の確保に関する事項が改正されました。その中でガバナンスに関する事項では、実務的に必要となる対応について事前に整理する事が重要となります。

各機関で求められる決議事項について

第7次医療法改正において、各々の決議事項について決議する機関や決議の要件が変更になっています。そのため、まずは現状決議されている事項が、改正後の医療法で求めている決議要件と不整合を起こしていないかどうか確認することが出発点になります。その後、不整合を起こしている場合は、定款や内規等を修正しつつ、法的に準拠している事を確保する事が重要です。

決議事項

関連するサービス

<<新公立病院改革プラン策定支援>>
  • 新公立病院改革ガイドラインが求める役割期待を整理し、地域の医療需要に相応しい公立病院向け新改革プランの策定支援を行い、ヘルスケア業界の更なる発展に寄与します。
<<医療機関・介護施設向け内部統構築支援>>
  • 医療機関や介護施設のニーズに即して、豊富なノウハウや監査経験をもとに、内部統制構築支援サービスを提供します。
<<2025年に向けた医療・介護の事業計画策定支援>>
  • 時とともに変化していく経営環境に対応するため、目指すべき姿の具体化と経営体質の強化を実現する事業計画の策定を支援します。
<<内部統制・内部監査構築支援>>
  • 適切な内部統制・内部監査の構築のためにパブリックセクターの専門化がアドバイスします。
<<非営利法人向け会計監査>>
  • 営利事業分野で培った質の高い会計監査の実務経験をもとに、皆様の事業分野に係る深い知識を有した専門家が付加価値の高い会計監査を提供します。
お役に立ちましたか?