最新動向/市場予測

医療従事者の勤務環境改善について

厚生労働省の示す新たな指針と取り組みについてのインタービューを行いました。

第6次改正医療法では、「病院は職員の勤務環境改善に取り組み、自治体はその支援に努めること」が示されました。デロイト トーマツ グループでは、この勤務環境改善システムの仕組み作りに尽力した中野氏(前厚生労働省医療労働企画官)に対しインタビューを行い、その構想について掘り下げました。(2014年時インタビュー)

医療従事者の勤務環境をいかに改善するか(第1回)

医療従事者は、心身の緊張を伴う長時間労働や、当直、夜勤・交代制勤務などにより厳しい勤務環境に置かれています。人材の定着や質の高い医療サービスの提供を図るためには、医療従事者が健康で安心して働くことができる環境の整備が必要です。
そのため第6次改正医療法では、高止まりを続ける医療従事者の離職率対策として「病院は勤務環境改善に取り組むための仕組みの導入、自治体はその活動を支援するセンターの全国的な設置に努めること」が明記されました。
そこでデロイト トーマツ グループでは、この勤務環境改善システムの仕組み作りに尽力した中野孝浩氏(前厚生労働省医療労働企画官)に対しインタビューを行い、厚生労働省の示す新たな指針と取り組みについて、伺いました。関係者の許諾を経て掲載しています。(2014年時インタビュー 月刊新医療 2014年11月号掲載)

(PDF,835.96KB)

医療従事者の勤務環境をいかに改善するか(第2回)

医療機関の勤務環境改善に向けた取り組みに関するインタビュー第2回目は、ITの活用です。
今や中規模以上の病院の半数以上に電子カルテが普及し、業務の中で院内のITシステムを使うことは病院職員にとって日常になりつつあります。しかし意識的に「勤務環境の改善」を目的としてITを活用している病院はまだ少数ではないでしょうか。
そこで「勤務環境改善」の視点から、ITという幅広い分野を改めて眺めることで見えてくる、新たなIT活用による勤務環境の改善可能性について、中野氏と議論させて頂きました。関係者の許諾を経て掲載しています。(2014年時インタビュー 月刊新医療 2014年12月号掲載)

(PDF,826.24MB)

勤務環境改善のノウハウを蓄積・共有するために

デロイト トーマツ グループでは、厚生労働省が提供する「いきいき働く医療機関サポートWeb(外部サイト)」の運営をご支援しております。
全国の医療機関の皆様より投稿頂いた勤務環境改善についての取り組み事例・ノウハウを公開しているほか、勤務環境改善に関する政策や各種通知、イベント等のお役立ち情報をまとめております。
どうぞご覧ください。

関連するサービス

<<新公立病院改革プラン策定支援>>
  • 新公立病院改革ガイドラインが求める役割期待を整理し、地域の医療需要に相応しい公立病院向け新改革プランの策定支援を行い、ヘルスケア業界の更なる発展に寄与します。
<<医療機関・介護施設向け内部統構築支援>>
  • 医療機関や介護施設のニーズに即して、豊富なノウハウや監査経験をもとに、内部統制構築支援サービスを提供します。
<<2025年に向けた医療・介護の事業計画策定支援>>
  • 時とともに変化していく経営環境に対応するため、目指すべき姿の具体化と経営体質の強化を実現する事業計画の策定を支援します。
<<内部統制・内部監査構築支援>>
  • 適切な内部統制・内部監査の構築のためにパブリックセクターの専門化がアドバイスします。
<<非営利法人向け会計監査>>
  • 営利事業分野で培った質の高い会計監査の実務経験をもとに、皆様の事業分野に係る深い知識を有した専門家が付加価値の高い会計監査を提供します。
お役に立ちましたか?